ひーちゃんといっそう
*
ホーム > ピックアップ > 抗糖化と小顔矯正

抗糖化と小顔矯正

近頃、アンチエイジングとか抗糖化という言葉を良く耳にするようになりました。

糖化に興味を持つ人がふえることはとても良い事です。

そんな糖化除去できる方法があるとすれば試してみたいですか?

C型慢性肝炎に対するウイルス除去療法 DFPPが2008年から保険認可されました。

これはアンチエイジングとして今話題の血液クレンジングと良く似ています。

血液を体外に取りだしてウイルスを除去してから、きれいな血液だけを体の中に戻すという治療法です。

これは自分の血液ですから、副作用は報告されていません。

インターフェロン治療と一緒に始めると効果が高いそうです。

この取り出したウイルスに含まれているのは、糖化の進化系であるAGEsです。

このことから、C型慢性肝炎だけではなく、糖化が進行して起こるさまざまな病気に使えるのではないかという研究が今進められています。

糖化が原因の可能性で起こっている病気は、糖尿病、白内障、網膜症、アルツハイマー病、糖尿病、心臓病、がん、末端神経障害、難聴と数えきれません。

C型肝炎の治療だけではなくさまざまな可能性を秘めた、DFPP治療法の研究が進む日が来ることを願っています。

糖化でお悩みの女性も、痛くない小顔矯正でスッキリシワやたるみを改善。
オールハンドなので、肌が荒れることもなく安心です。