ひーちゃんといっそう
*
ホーム > 思い出 > わかりやすくいうならば

わかりやすくいうならば

特定調停も任意整理とほぼ同じく、おのおのお金の貸し手への返金を行うことを前提とした借金を整理していく手順となります。

わかりやすくいうならば裁判所が関与する任意整理と考えることができます。

 

この方法も任意整理による手続きと同じく自己破産と違ってある部分のみのお金だけをまとめていくことができますので他の保証人が付いている借入以外だけで処理していく場合や自動車ローン以外で手続きしたい場合等も申請することも可能になりますし、資産を放棄する必要がありませんので投資信託や有価証券資産を持っていて、放棄してしまいたくない状況であっても活用可能な借金整理の手続きといえます。

 

後々返済が必要となる額と現実として可能な所得額をかんがみて、ある程度返済の目処が立てられるようならばこの手続きで進めることは問題ありませんが、破産宣告のように負債自体が消滅してしまうわけではありませんので総額が多い状況では、実際問題としてこの方法で手続きを進めることは難しいということになります。

 

あと、この解決策の場合は裁判所が中に入るので専門家に頼まなくても立場が弱くなってしまうことはないということや処理のためのお金を節約できるという良いところは魅力的ですが、お金の貸し手からの催促に対して対処していく必要がある点とか所定の裁判所に何度も出頭する手間がかかる等の注意点もあります。

 

なお、任意整理による処理と比較すると、最終段階でも解決できないような際は利子をすべて含めた形で返済していかなければならないといった点や結果的にお金の貸し手に返していくお金が任意整理による方法に対して高くなってしまうことがあるという覚えておきたい点もあります。